2019年11月アーカイブ

今日も「内田裕子 陶展」から一つ作品をご紹介します。

 

今日はこれ 

食卓に欠かせないもの

汁注です。

DSC_2344.JPG

 

四季の風景が描かれています。

 

 

 

今の季節紅葉が美しい秋

 

 

 

 

 

木枯らし吹く冬

汁次冬.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜が咲き、小鳥がさえずる春

汁次.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

汁次 (3).JPG

 

 

 

 

 

 

 

これは何をしているところでしょう

 

おなじみ、うさぎさんが登場

 

 

 

汁次 (3) - コピー.JPG

 

 

これは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさかの飛び込みシーン(>_<)

 

崖の上から海へと今まさに飛び込んでいるうさぎさん、そして上にはゴーグルをつけたうさぎさんが!

 

なかなかアクティブなうさぎさんですね!

 

春夏秋冬、季節の移り変わりを美しく、そしてちょっぴりユーモラスに描いています。

青い染付の柄が描かれていることによって全体が締まり、落ち着いた雰囲気になっています。

 

 

汁注は食卓にいつも出てくるアイテム。

こんな汁注があれば食事の時間もより楽しくなることでしょう。

 

DSC_2346 - コピー.JPG

 

 

内田 裕子作

染付折々 汁注

(Φ5×H6㎝)

¥14,000(税別)

今日も現在開催中「内田裕子 陶展」から作品をご紹介します。

 

・・とその前に、今、放映中の朝ドラ「スカーレット」

皆さん、見ておられますか?

戸田恵梨香さん扮する喜美子が信楽で陶芸家を目指して奮闘するストーリーです。

京都のお隣の滋賀県が舞台で、信楽焼とはいえ、京焼と同じ焼き物が出てくるので、朝ドラ好きの私、今回はより興味しんしんで視聴しています。

今、丁度喜美子が火鉢の絵付のデザインを考えているところです。

私は、はじめ喜美子が土から練って、うつわの生地から作っていくのかと思っていましたが、絵付の方から入ったのでちょっと意外でした。

が、今は、もともと絵を描くことが好きな喜美子が絵付にのめり込んで行く姿に心躍りながら見ています。

 

喜美子の奮闘も見どころなんですが、私がこれまでで特に印象に残ったシーンは

心仙先生(喜美子の絵付の先生・イッセー尾形さん扮する←これまた味のある役どころ)が笑いながら絵付をしているところを喜美子が見て驚く場面。

その時に先生が、戦時中は戦争画を描かざるを得なかった、、そして戦争が終わっても絵を描けなくなった、、

しかしある時、火鉢に美しい花や鳥や風景が描かれているのを見て、これが戦争が終わったということなんだ、と気付いた。

それからというもの、絵付をしていると楽しくて仕方ない、描いてて笑えてくるんだ、踊りながら描くことすらあると言います。

(細かいところは違うかも知れませんが)

 

喜美子はそのことを聞いてから、この先生について絵付を学びたいと決心するのです。

 

私は、ここを見て

なるほど、京焼の歴史にも同じようなことがあったかもしれないな、

時代の流れの中で、一人一人の作り手の方達が色んな思いを持ちながら作品を生み出してこられたんだな、と改めて思いました。

 

すごく深いところまで描いているドラマだと思いました。

主役の戸田恵梨香さんはじめ、キャストの方々の演技にも引き込まれます。

 

朝ドラ「スカーレット」これからも楽しみです。

 

 

さて、朝ドラの感想はこれくらいにして、

内田裕子さんの作品紹介です。

 

今日ご紹介するのは・・

晴れ日和マグ☆.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「晴れ日和 マグ」

うさぎさんが晴れた日に自転車に乗ったり、風船(気球)に乗ったり、舟に乗ったりしている姿が描かれています。

朝ドラの話ではないですが・・

内田さんが楽しんで描いておられることがすごく伝わってくる作品です。

見ている側も本当に楽しい気持ちになってきます。

 

自転車に乗るうさぎさん・・

晴れ日和ズーム (1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

風船(気球)に乗るうさぎさん・・

晴れ日和マグ☆ (2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の方には

天体観測をするうさぎさん

晴れ日和ズーム (2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

日の出をバックに船に乗るうさぎさん・・

晴れ日和☆マグ.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分もこの世界に入ってのんびり楽しみたい・・

そんな気持ちにさせられます。

このマグでお茶やコーヒーを飲んだら、どんなに疲れていてもほっと一息、思わず笑みがこぼれてくることでしょう。

 

内田裕子作 「晴れ日和 マグ」Φ7.5×H8㎝ ¥14,000(税別)

 

 

何年か前ですが、当店HPのインタビュー記事がありますので

内田さんのうつわ作りへの思いをより知りたいと思われる方はこちらを読んでみて下さい。↓

内田裕子さんインタビュー

 

ギャラリー洛中洛外ではただ今、「内田裕子 陶展」を開催しています。

 

今日もそこから作品をご紹介します♪

盃台セット.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盃とそれを乗せる盃台です。

 

 

 

 

盃台

作品名は・・

「冬の帰り道」

DSC_2318 - コピー.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左下を見てください、

 

 

 

DSC_2318 - コピー - コピー.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うさぎさんが焚き火で暖をとってる~happy02

 

 

 

こちら側は雪だるまとイヌがいます。

盃台.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盃を置くための台ですが、

置物として飾っても可愛いです。

クリスマスのプレゼントにもおすすめです☆

 

 

そして盃の作品名は

「一番星」

盃の中に星が描かれています。

盃.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬の帰り道、見上げれば一番星が光ってる・・

一篇の詩のようです。

 

 

<作品詳細・価格>

内田裕子作 一番星 盃(Φ7.5×H3㎝)¥7,500(税別)

盃.JPG

 

 

 

 

 

 

 

内田裕子作

冬の帰り道 盃台(Φ8.5×H3㎝)

¥12,000(税別)

盃台 (3).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にもたくさん、内田裕子さんの可愛い素敵な作品が並んでいます。

ぜひぜひお越し下さいね~

内田裕子-陶展-2.jpg

松見光玉さんからこんな可愛いブローチ入荷しました♪

ネコ.JPG

フクロウ.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたし.JPG

ぼく.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集合 (1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物・干支・そして人なども。

松見光玉さんのほのぼのした世界が広がっています。

 

服に付けるだけで楽しい気分になりそう♪

プレゼントにしても。

 

松見光玉作 ブローチ

1ヶ¥2,800(税別)

 

この他にも色々あります。

今日も内田裕子作 作品を紹介していきます♪

どれを紹介するか沢山あって悩むのですが・・

 

今日はこの湯呑をぜひ紹介したいです!

 

本棚をモチーフに湯呑の外側ぐるっと全部描き込んであり、その細かさにため息が出ます。

それでは一面め。

いつかの (3).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左上にはパソコン(?)の画面にネコが映っています。

二段目にはこれまたネコが本の上に気持ち良さそうに寝ていますね。

 

次に少し右に回してみます。

2面め。

いつかの (4).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、陶芸家、左上にはお茶碗(抹茶碗?)がおかれていてその上には野球のボール。

中段にはレコードプレーヤーが。

下の段にはネズミさん。

 

 

 

 

またまた右にぐるっと回してみましょう。

3面め。

いつかの.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイガーマスクのマスクがあります。

中段にはランタンかな?

バナナの絵の背表紙の本もあります。

 

 

 

くるっとまた右に回して・・

 

いつかの (1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上段左にクリスマスツリー☆

そして下の段にはお相撲さんの人形が。

 

 

 

本当に細かく描かれていてずっ~と見ていたくなります。

暖かくてのちょっとノスタルジックな雰囲気もある作品です。

この湯呑でお茶を飲む時はつい夢中になって見てしまいそう・・内田裕子さんの世界にどっぷり浸れる作品です。

いつかの (2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内田裕子作

「いつかの本棚 細湯呑」

(Φ7×H8.5㎝)

¥13,000(税別)

 

 

ただ今、「内田裕子 陶展」開催中です。

ギャラリー洛中洛外2階にて

12/8(日)まで開催しております。

 

内田裕子さんより

「愛しい一品を作りたいと思っています。

手捻りの素地に心象風景や古紋を組み合わせた絵付を重ねます。日常の食器、迎春の器、楽しい小品など、どうぞご覧ください。」

9日(土)から内田裕子陶展が始まりました。

早速お客様に来て頂いてます。ありがとうございます。

今日から陶展に出ている作品を紹介していきたいと思います。

 

今日ご紹介する作品は

 

 

先日、大盛り上がりになったラグビーをするうさぎを描いた「ぐい呑」です。

赤絵の柄を挟んでラグビーの4場面が描かれています。

 

スクラム.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは「スクラム」を組んでいるところ

 

 

 

パス (2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは「パス」している場面。。

 

 

 

フリーキック.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは「フリーキック」の場面。

フリーキック - コピー.JPG

 

 

 

 

うさぎさんの足がキックになってます(*^_^*)

 

 

 

トライ.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「トライ!」の場面

 

 

そして作品名は「ノーサイド」

 

うさぎさんのラグビーをするその一挙手一投足が可愛くて、思わずじーっと見てしまいます。

 

実は・・私、全くラグビーのことを知らなかったので(いや大盛り上がりになっているのは知ってましたが、ルールなど)この記事を書くために調べましたsweat01

これで合ってたかな・・?(にわかな知識でスミマセン)

 

この絵を描いた内田さんはよくラグビーを見ておられるんだなあと思います。

ラグビーのことを知らない私でも、このぐい呑を見てて、ラグビーの躍動感を感じました。

 

この絵を見ながらお酒を呑むのも場が盛り上がって楽しそうです。

うさぎ × ラグビーの世界感が楽しい作品です。

 

裏面.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内田裕子作 「ノーサイド 面取ぐい呑」

Φ8×H4.5㎝

¥9,500(税別)

 

明日からギャラリー洛中洛外で「内田裕子 陶展」がはじまります!

内田裕子-陶展-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内田裕子作品がフロアいっぱいに並びました!

 

 

 

2019内田.JPG

 

 

 

 

内田2019.JPG

 

 

 

 

 

2019内田 (2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紹介したい作品は沢山あるのですが・・

まず目に入ったのがこちら

思わず「可愛い~」と声を上げてしまいました(笑)

内田作花生.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年の干支のネズミの花生です。

頭のところにお花を入れます。

この表情が何とも言えません(*^_^*)

 

他にもたくさん、たくさん愛らしい作品がいっぱい。

明日9日(土)10時~

ぜひぜひお越し下さいね!

 

 

先日、即位の礼が行われましたね。

新皇后さまになられた雅子さま、堂々と世界各国の王族の方々とお話される姿は国内のみならず世界から注目が集まっています。

その雅子さまのお印はハマナス。

このたび、その即位を祝してハマナスを描いたペンダントが製作されました。

はまなす.JPG

 

京焼の女性作家、上坂 妙(うえさか たえ)さんの手によるものです。

 

気品溢れ、美しく優しい花が描かれています。

 

 

 

 

こちらはギャラリー洛中洛外で取り扱っています。

ギャラリー洛中洛外

月別アーカイブ

このブログを購読する